<   2005年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

優しい風の中で・・

9月の末、ハーディーが盲導犬になったと お知らせを頂いた日。
PW経験で得た大切な思い出や心が、どれだけ 今の私たちを支えてくれているか・・
あらためて思い出していました。

そんなPW経験を もっと多くの方に知っていただきたいと
思い切ってペンを取りました。
その文章が、北海道新聞の生活ページ いずみ欄にて採用して
いただけることになり、10月9日日曜日の朝刊に載りました。

ハーディーを見送り、ジーナを迎えた今でも、相変わらずドキドキ、ハラハラ
・・初心者PWの私です。
そんな私の経験が果たして・・という気持ちも多いにありました。

「こんなPWもいるんだな。」
多くの中のいちPW。そんな私たちの経験を伝えるのも
いいのかもしれない。・・という結論を出した私が書いたものです。

ゆっくり読んでいただけると嬉しいです。

c0060984_1114571.jpg題: 優しい風の中で

 真っ直ぐ見つめる円らな瞳、喜び一杯振っている
小さなしっぽ。盲導犬の候補を約1年間飼育する
パピーウォーカーとして初めて仔犬を迎えたのは、
昨年の一月です。生後五十日のラブラドールレトリバー。
抱きしめた温もりからは、それまで大切に育んでくれた
母犬とその御家族の深い愛情が伝わってくる様でした。
「大切に育てるね。」
 その日から「あ~!」トイレの躾に一喜一憂すれば
今度は「何か口に入れた!」新米パピーウォーカーの
仔育ては、泣き笑いしながらも楽しく新鮮でした。4歳の
一人息子は、仔犬を「心の弟」と呼び一人と一頭は、
誰よりも仲良くなりました。そんな私達に「別れは辛いだろうね。」
心配してくれる人も・・。

 別れの日。その日が来る事は受け止めていたはずなのに
やはり寂しさが溢れてきます。そんな私と夫に
「僕達は離れても 心の中では、いつまでも兄弟だから、寂しくないよ。」
少し成長した息子は、ぎゅっと手を握りました。

c0060984_1115710.jpg

 我が家を巣立った仔。人と歩く事が大好きなあの仔らしく
いつも嬉しそうに歩いている。その姿を想像するだけで
心が温かくなってきます。離れ、時が過ぎても、きっと
そうやって私達の心に優しい風を送り続けてくれるのでしょう。
先日、盲導犬デビューをしたとの知らせに「ヤッター」
喜ぶ息子の足元にはやんちゃ盛りの小さな「心の妹」が。
優しい風の中で私達の賑やかな一年が始まっています。

c0060984_1121246.jpg

[PR]
by lalapocket | 2005-10-12 11:05 | いろいろ話

lala's pocket によせて

私の趣味で開設しているHP、lala's pocket。
私たち家族が取り組んでいる盲導犬ボランティアについて
もっと多くの方に知ってもらいたいというという気持ちを
込めています。

HPでは、私たちのPW日記があるのですが・・・
不器用な私にとって、家族の事や、自分の気持ちを
ありのまま綴ることは、実は、少々大変なことでもあります。

また時々、
「全然、HPに書いていることと違うよね。
 ジーナは、全く静かじゃないし、KENだってかなりのやんちゃ坊主」
厳しいご意見をぶつけられることもあります。

・・そうですね。相手の方が見て下さっているのは私たちのほんの一部で、
私が、HPに綴っていることも 私たちのほんの一部なのですものね・・。
表現の難しさを、感じています。

でも、
「HPをみて私たちもPWにチャレンジしてみようと思いました。」
わずかながら、そんな嬉しいお言葉をいただくこともあります。
「盲導犬って かわいそう というイメージでしたが
 全く違うのだと言うことを、知りました。」
という温かいメッセージに、うれし涙することもしばしばです。。

lala's pocketの開設から1年と10ヶ月。
厳しくも温かくも 様々なメッセージ、様々な方々に支えられて
いることを感じています。

私たち家族が出来ることは、些細で微力な事なのかもしれませんが、
lala's pocketを通じて 誰かが 盲導犬や盲導犬ボランティアを知る
ひとつのきっかけになれれば・・。
そんな願いを込めて、私たちの経験をこれからも綴っていきたいなぁ
と思っています。
(かなりの、のんびり更新 なのですけれどね・・笑♪)

c0060984_1044308.jpg

[PR]
by lalapocket | 2005-10-12 10:43 | いろいろ話

雨の日には・・

雨が降ると、お気に入りのオーブンを使う私。

なので、雨が続くと喜ぶKEN。
お菓子の食べ放題?そして大好きなグラタンが夕食にのぼるのも
みんな雨の日。

ちょっぴり憂鬱になってしまう雨の朝。
今日は、何を作ってわくわくしようかな・・・?
c0060984_855620.jpg

[PR]
by lalapocket | 2005-10-02 08:47 | I my me 私 話

いちばん

 幼稚園のマラソン大会がありました。
1.4km・・長い距離を走ります。
昨年同様、父は、仕事明けの疲れも忘れ、応援の気合いたっぷり。
私も仕事を抜け出し、2人揃って応援に出掛けました。

会場に着き、どんどん子供たちが走ってくる中
「どんなふうに走ってくるかなぁ?」わくわくモードの父に
『お母さん無理かもしれないけど・・ 走るわ。』
朝の言葉が気になっていた私。

しばらくの後、KENが走ってくるのが見えました。
「ガンバレ!」いつものニコニコ走りではなく、かなり疲れた表情。
66人中66位で到着したKENは、疲れた様子で
先に着いていたお友達と一緒に ご褒美のジュースを飲みました。

「ゴールできたね!先生方もみんなも、いっぱい応援してくれたね。」そんな私と、
「体力、体の鍛え方、足りなかったかなぁ・・。」そんな父・・。

・・・体力、鍛え方・・・?
お昼過ぎ帰宅したKEN。マラソン大会後にもかかわらず、
いつものようにびゅんびゅん自転車で激走して遊び、
夜には、ボウリング場で スペアー、ストライクを連発し、
「お相撲だ~」とっくにケージで寝ていたジーナを起こして暴れ・・・有り余る体力。 
・・・体の鍛え方は、十分ではないかと・・・?

やっとベットに入ったKENは、幼稚園からもらった素敵なメダルを
手に『無理と思ったけど走れてよかった。だから、遅かったけどいちばんと思った。』
そんなKENをぎゅっと抱きしめて眠った秋の夜でした。
 
[PR]
by lalapocket | 2005-10-01 23:36 | oh!my KEN