3月12日 KENギラス 対 ウルトラ?のハハ~

本日 凹んでいます。。

パピー講習会の子(KEN)と仔(ジーナ)の張り切りは、いつもながら、
今日のKENと来たら・・・。 (誰よりも目立っていた悪事振り!)

もともと やんちゃ坊主なKENなので 「おりこうさんにして下さいね。」
いつも事前に釘を打っておくのですが、
『KEN、もう1年生になるんだよ。どうしてそんなにしつこく言うのさ』
今日は、言葉を返すほど自信満々な様子・・・。
なのに・・・結局いつも以上の大暴走。。(ひどいじゃないですかぁ!)

今日も、私の頭には 大きな角が立っていたのだろうなぁ・・・

※本文中のパピー講習会は、パピーウォーカーの私達にとって
興味深く、楽しくパピーとの生活の事を学べる講習会です。
(一緒にご参加のみなさん、職員さん いつも お騒がせしまして 大変ごめんなさい。。)



「心配していたよ、今日どうだった?」職場から電話をかけてくれた父は、
「やどかりの本は、持っていかなかったの?」の一言。

(以下 かなり個人的で自分勝手なコメントにつき 小さめで失礼します)

・・そうそう確かにね、そのKENお気に入りのやどかりの本を講習中も見せていたら
その時限定で、静粛にしていたでしょうよ。。でもでも 心の妹ジーナを育てるに当たっての講習会ですよ。心の兄と自分で述べている以上KENが参加するのも必須で当然だと思われるわけで・・・よって、やどかりの本など必要の無しと思った訳なのですよ母は。
そのあたりで 「子どもなんだから、集中力の限界があるでしょう。」「人に迷惑をかけてまで・・」というマナー的ご意見につきましては、子の責任者である”親”という立場”からしては、本当にスミマセン・・とただただ平謝りさせて頂く他無いのですが。。。
まぁ・・ 常日頃私めが、思い悩んでいる事をご紹介させていただきますと、果たして親の私は、KENの”子どもの時代”やその特性をどのあたりまで尊重して、興味や行動を阻止すべきなのか!と言う事なのですよ。もう何処へ行っても持ち前の好奇心と密かな目立ちたがりのおちゃらけ幼児KEN をですよ、いかに心豊かに・個性豊かに 育成するためには、母はどれだけ板挟みに合ってですね、眉間のしわを増加させ、感情を押し殺して、ストレスを溜めれば良いのか。。。
 そうですねぇ、振り返れば・・どうも私の場合、常にKENと直球で勝負を求める という育児スタイルだったりします。・・・おそらく、思い悩む事が多いのも、そのあたりの自分の頑固さが原因なのだろうと。。。

結果的には、こんなに気力体力を駆使しても 終着駅のない この育児。いかに怒と哀の部分を減少させ 喜びと楽しさを増加させていくには、 ”はて いかに?”と、日々葛藤を続けている未熟なハハと言う事に尽きるわけなのですが。


それは さておき・・・
父電話「それは、想定外でしたねぇ~」(非常にのんきな口調で)
「父よ!一体誰の心配をして電話を掛けてきたんだね!」
とりあえず 決して買われないだろう喧嘩を 売りつけてみたりした今日の私。。

そして・・・
『KENのおなかも プーちゃんみたいにポコンとしてるわ♪』
非常に反省していたはずのKENは、只今 プーさんのビデオなんぞ 
実にのんきで愉快に鑑賞中。。・・まあ、なんと切り返しの速いこと・・・

そんな天然ポジティブサンの 小さな背中を見つめながら 
今日も自己反省の不甲斐ない母。。。

「嗚呼、沖縄に帰りた~い!! 」(もう早!)
[PR]
by lalapocket | 2006-03-12 19:31 | oh!my KEN
<< 心のビタミン 沖縄の風 >>